本文へスキップ

ファースト電子開発は無線機,情報機器,マイコン制御,電子機器の高度な技術と豊富な経験の研究開発型メーカーです。

お客様はアクセスカウンター番目ご訪問

 開発 試作 設計 製作 事業の実績 FEDECO Since1967
幅広いアナログ技術を基礎に、無線技術、センサー制御技術、マイコン制御技術など最新ディジタル技術まで,電子技術に豊富な経験があります。オーダーメイド・特注品の開発・製作が得意です。弊社の50年の実績をご覧ください。

ものづくり白書2013 に載りました 開発型メーカーとして創業50年、宇宙開発を始め、無線・マイコン制御、電子応用機器を中心に数多くの製品を世界に送りだしてきました。豊富な経験と蓄積した技術に最新の先端技術を加えて、モノづくりのプロが多品種少量から量産まで、開発から設計・試作・部品選択と仕入・製造までを一貫してお受けいたします。

主なプロジェクトの実績    

2016年 N銀行日本橋本店 ミニFM案内放送装置を設計・製作し納入 
 2016年  大規模ホテル用 非常電話通報装置を開発・設計・製造
 2016年  東京大学大学院向け 長波探索実験装置を開発・設計
 2016年  放送局用 FMステレオ放送装置を開発・設計・製造
 2016年  自衛隊総理大臣観閲式 隊員4000名行進用号令装置を開発・設計・製造し採用される
 2015年  陸上自衛隊向け FM放送装置を開発・製造
 2015年  ISM UHF高周波電源装置を開発・製造
 2015年  人工呼吸器 ナースコール接続システムを開発・設計
 2015年  危険環境、重機作業現場 作業安全警報装置を開発し、特許出願
 2014年  震災・災害時 コミュニティFM放送局 送信出力増大装置を開発・製造
2014年 福島県郡山市 ゆうゆう地下道 トンネル AM・FM ラジオ再放送装置を 設計・製造し納入 
2014年  クラシックカー競技 La Festa Mille Miglia 用 無線タイム計測器を開発・製造し納入 
2014年 無線コントロール式電子美容器を開発・製作し、量産製造を開始 
2014年 ゲリラ豪雨 道路冠水時無線警報装置を開発・設計・製造し、(株)オージ殿へ納入
2013年 車載用無線電話装置の開発・設計・試作を受託し納入  
2013年 全国瞬時警報システム(Jアラート)接続BOXを開発・製造し、全国の地方自治体に納入
2013年  南極昭和基地用 大型大気圏レーダー用LNA(低雑音増幅装置)を開発・製作し納入 
2013年  人工呼吸器等用 新型警報音増幅装置 FA-24を開発し生産開始 
2013年 NEXCO東日本殿圏央道に当社が 開発設計製造 したトンネルFMラジオ再放送装置 が採用。 
2012年 鉄道向け  無線制御装置を開発・設計・製造し沖電気工業殿に納入
2012年 JR東日本殿向け MV形警報装置を製造し納入
2012年 ドイツ製 人工呼吸装置向け 警報音増幅装置を製造し納入
2012年  名古屋大学大学院 と共同研究 森林作業安全装置を開発
2011年 鉄道向け 無線制御装置 開発・設計・製造し沖電気工業殿へ納入
2011年 東京地下鉄(東京メトロ)の全車両搭載用に採用され 非常電源装置“一瞬他助”を改良・設計・製造し納入
2011年 名古屋大学大学院 と共同研究 林業従事者安全操業装置を開発
2011年 NEXCO東日本東北支社殿 高速道路逆走防止装置開発調査を受託
2011年 NEXCO東日本殿 新規建設高速道路トンネルFM再放送装置を開発・設計・試作
2010年 介護用ベッド監視システムを開発
2010年 NEXCO殿向け 高速道路車線規制警報装置を開発・設計・試作
2010年 女性用鎮痛治療装置、量産機の開発・設計
2010年 中国企業向けバイク用コンソールボックス 無線施錠装置を開発・設計
2009年 1月23日 種子島宇宙センターより人工衛星“かがやき”打ち上げ 成功しました。
2009年 鉄道用 FSK通信ユニットを開発、設計し、製造開始しました。
2009年 ドア用速度警告装置及び監視システムを開発し特許出願中
2009年 動物観察用 特定小電力無線装置を開発
2009年 高精度計量・無線伝送装置の開発
2009年 白金測温抵抗体による精密温度計測技術の検証
2008年 海難救助用探索装置の開発、小型船が転覆して、漂流者を2Kmの範囲で探索する無線装置です。
2008年 米国高速鉄道向け、無線非常通信装置を製造、非常時に車掌が乗客に注意を呼びかける装置です。
2008年 国産H2Aロケット 相乗り人工衛星用無線通信機を製作、種子島から打ち上げに成功しました
2008年 山岳、海難事故、救難信号発生装置の開発
2008年 長距離バス等用、乗客間トラブルの威嚇、無線通報システムの開発、長距離バスで採用されています。
2008年 防火ドア事故防止装置の開発、特許出願中
2008年 疼痛治療装置の開発・設計
2008年 海上救命装置 救命胴衣用無線発信信号による 位置検索装置の開発
2007年 静電気除去用 高電圧発生装置の開発
2007年 実験用人工衛星 かがやき 制御用無線送・受信機器を開発製造 2009年H2Aロケットで打ち上げ成功しました。
2007年 医科治療用 装置の開発・設計を受託し開発・設計・試作
2007年 使用量自動計量装置 分解能 0.1g データ・メモリ+通信機能製品 開発・試作
2007年 東日本高速道路 上信越道トンネル用 FM再放送装置を開発・製作
2007年 生コン業界 生コンの品質管理用 IDタグ トレサビリティ装置を開発しました。
2007年 電波時計データテレメータリング 特定小電力無線モジュールの開発・設計
2007年 ジグビーボードによる 照明器具制御装置を開発・試作しました。
2007年 ゼネコン向け IDタグ管理システムを開発、生コンの充填状態を監視する装置を開発しました。
2006年 電力会社向け ICタグ 管理システムを開発、原発の冷却水の汚染を監視する装置です。
2006年 ナノ・秒 バースト波発生装置を開発・製作
2006年 ICタグ 昆虫歩行軌跡計測システムを開発、ゴキブリが夜中に徘徊するルートを監視・記録します。
2006年 ICタグ 駐輪場管理システムを開発し製造開始、駐輪場の管理システムです。
2006年 航空機地上標識 ADF電波調整用送信器開発・試作、飛行場で航空機の指標に利用します。
2006年 無線伝達式 介護用オムツを開発、製造 KICCプロジェクト製品、おむつの替え時をむせんで知らせます。
2005年 産学公共同開発 樹木健康診断調査システム装置を開発 日光杉並木の樹木の健康診断に使用(栃木県)
2005年 通学児童のための危険防止・携帯電話通報装置の開発・設計、ランドセルの警報釦で携帯電話に通報します。
2005年 NEDO人工視覚システム装置の開発(第3次研究開発)
2005年 微細作業用精密モーター PWM制御システムの開発・設計
2005年 クレッセント・セキュリティ・システムの開発・設計
2005年 高速道路 交通情報提供システムを開発・製造、NEXCO高速道路で利用いただいています。
2004年 JAXA宇宙航空研究開発機構殿へ 人工衛星の通信装置開発をJAXAから単独受注し納入しました。
2004年 JR東日本殿へ MV型 警報装置を納入しました。
2004年 大手医療機器メーカー向け医療機器用無線映像送受像システム開発しました。
2004年 NEDO人工視覚システム産学公共同開発事業受託し、 研究・開発・設計し国家事業に協力しました。
2004年 産業機器向け、無線リモコン装置の量産開始
2004年 電気式暖炉用リモコン装置開発・製造、機械・設備など様々な分野のリモコンが可能です。
2004年 集音無線伝送装置「集音名人」発売、北海道JA殿向け、音データで管理するシステムです。
2004年 無線式アンケート集計機を開発・製作、無線でアンケートを取れデータをパソコンで管理できます。
2004年 レストラン向け オーダー・制御管理・システムを開発
2004年 M自動車工業殿向け 検査用マイコンボードの開発・製作し納入
2004年 JR東日本情報システム殿へ 券売機用MX形端末警報装置を納入
2003年 NEDO大学発事業創出実用化研究開発事業 近畿大学、大阪TLOと共同開発。
2003年 医療機器警報発生装置を開発・製造、人工呼吸器の警報を感知・増幅してナースステーションに知らせます。
2003年 地下鉄車両用非常時回避用電源装置 埼玉高速鉄道(株)様に採用。7月納入。
2003年 タイマー付き揮散器を開発・製造し大手化粧品メーカーに納入
2003年 10月14日 東京都産業労働局 局長 弊社ご訪問
2003年 JR東日本情報システム殿へ 券売機用端末警報装置を納入 、JR東日本のほとんどの駅に設置されました。
2003年 転落防止装置 大型タンカー用、船内塗装作業用 安全警報装置を開発
2002年 ワイヤレス補聴器を近畿大学理工学部と共同開発、補聴器と無線をドッキングして機能を向上しました。
2002年 ショック式鳥害防止機を開発(カラス、ハト、ムクドリ被害等)。
2002年 センサー式自動電話通報機を開発、センサーで感知すると設定した電話に自動通報します。。
2002年 JR東日本 東北新幹線 券売機用警報装置を製造 JR東日本様へ納入しました。
2002年 難聴者対応  骨伝導スピーカー・システムを開発 、無線化骨伝導スピーカ式補聴器を製品化(特許出願済)
2001年 東京都板橋区 環境製品・技術開発等助成金事業。
2001年 認知症老人追跡用無線機を開発し製造 GM-GP。
2001年 スポーツ用健康管理機器を開発、運動中の呼吸数を計測しロギングする装置です。
2001年 認知症老人介護用外出センサー装置を開発、認知症老人の外出を管理する装置です。
2000年 IDカード、IDタグ装置を製造・受注開始しました。
2000年 地下鉄車両用非常時回避用電源装置 を開発し製造しました。(帝都高速度交通営団様向)
1999年 遠近両用−双眼望遠鏡の開発(特許取得済み)
1999年 工業用 RF電源装置の開発・製造、高周波プラズマ装置に利用いただきました。
1999年 遠近両用双眼望遠鏡を開発、特許取得済み。
1998年 含老人・3世代家庭用 TV視聴用補助具の開発 。
1998年 ホームオートメーション用リモートコントローラーの開発。
1998年 東京都産学公提携助成事業 RF法ダイヤモンド成膜装置を電気通信大学と共同研究・開発しました。
1998年 携帯電話等使用制限機器、携帯電話スクランブラーの開発・製造。
1997年 東京都異業種交流プラザH8、異業種企業4社と共同開発事業開始。
1997年 平成9年度 東京都北区・北区未来を拓く産業人顕彰 都市型産業顕彰部門優秀製品開発賞受賞しました。
1996年 高感度・壁面微振動音響、集音拡声器を開発 。
1996年 電子機器の電波障害などの原因調査用電波発信機を開発。
1995年 PL法対策用 危険防止警報装置を開発(アスレチックジム用)、危険防止に利用いただいています。
1992年 スポーツカーレース用タイム計測・記録装置を開発 しました。
1991年 スポーツ競技用スターティングホーン開発、TAG HEUER へOEM 供給、スキー競技のスタート等に活躍。
1990年 医療用UHFテレメータリング特定小電力無線送・受信機を開発、心電図のデータを無線で届けました。
1990年 無線リモコン、情報通信用微弱無線システムを開発・製造。
1989年 RFID、IDタグ式スポーツ計測装置を開発、いち早く Idタグに取り組みました。
1989年 スポーツ競技用無線計時システムを開発、TAG HEUER へOEM 供給開始しました。
1988年 高性能コンクリートマイクロホンを開発し製造を開始、微弱で微小な振動をとらえることができます 。
1987年 万引き防止装置を開発(コンビニ、レンタルビデオ店用)商品に無線タグを添付し盗難を防止します。
1986年 赤外線侵入者警報・通報装置を開発、警備・防犯用に無線で情報を送ることも可能とした。
1985年 小型監視用TV送信機を開発 。TV映像を離れたところのモニターに送信します。
1984年 骨伝導マイクを開発、騒音の中で会話可能な通信システムを開発し製造しました。
1982年 小型FMステレオ放送装置を開発、資生堂化粧品 御宿海の家に採用ミニFM放送局流行のきっかけとなる.
1981年 一人暮らし老人等用・非常時無線通報システムを開発しました 。武蔵野市が我が国初の福祉公社を設立、その目玉商品に採用されました。
1980年 超小型情報用VHF・UHF無線システムを開発し製造開始しました。
1978年 無線送信機用RFパワーブースター FB-50,FB-35 の製造を開始(HF・VHF)
1977年 RFスピーチプロセッサー FC-330DX を開発、製造開始しました 。
1976年 通信用オーディオフイルター FF-520 を開発、製造開始しました 。
1974年 無線電信通信用 エレクトロニックスキーヤー FK-2 を開発し製造を開始しました。
1973年 アマチュア無線用高性能オーディオコンプレッサー FC-220,FC-221 を開発し製造を開始、自社ブランド製品の全国販売業務を開始。
  
 

ファースト電子開発
株式会社

〒174-0053 東京都
板橋区清水町79-2
パールハイツ203号

TEL 03-5248-6644
FAX 03-5248-6645
Email: toiawase1@first-ele.co.jp

バナースペース

開発事例
2011年
道路交通情報放送装置
高速道路トンネルFM
ラジオ再放送装置


2008年
非常連絡システム
バス非常通報無線システム

2006年
無線替え時通知オムツ発信器
無線通報式おむつ


2003年
電車停電復旧用電源一瞬他助
非常用電源装置


2002年
無線式骨伝導補聴器
無線式骨伝導補聴器

2002年
警報装置
警報装置


2002年
自動電話通報機
自動電話通報機


1989年
Tag Heuer 無線計時装置
無線スポーツタイミング装置