GM-GP 認知症老人介護用無線機システム
ご家庭で簡単に使える介護用ワイヤレスマイク

 FEDECO Since 1967ファースト電子開発株式会社

認知症老人に悩む多くのご家庭でご利用いただいて大変ご好評の製品です。

ご家庭で簡単に認知性老人の徘徊に対処できます。免許不要な"微弱な電波"を利用した認知症老人追跡用無線機の誕生です。

GM−GPは介護者の"聴覚"を飛躍的に向上させた効果で認知性老人の徘徊経路を追跡し発見出来ます。市街地で最大200m、郊外では最大600m程度の探索が可能となります。
(周辺の状況により電波は影響され、到達距離は大きく変わります)

徘徊者に発信機を付けるとなんと周囲5〜10mの音を集音し電波で発信します。これで受信機を携行した介護者が徘徊者の周辺の音を手に取るように聞く事が出来ます。八百屋、パチンコ屋、スーパー、踏切の音、利用に慣れてくると万全!交通量や歩く足音により道路も特定でき、夜などは犬に吠えられると、鳴き声で何処の犬かも介護者には判別出来る様になり、徘徊者を的確に発見できます。

同時に、音に対する新しい発見の喜びも得られます。また、認知症の老人が他人に不用意に約束をしてしまうのを未然に防げて大変助かったとの報告も多くの方から寄せられています。


注意;無線通達距離は周辺の環境により大きく影響されます。例として示した距離は見通しの利く理想的な環境での最高のデータです。

GM-GPの特長とても簡単です
周波数調整不要周波数を水晶発振で固定しておりますので、スイッチ兼用の音量つまみを回すだけでどなたでも即座に、簡単に、無線マイク(発信機)の音がきれいに聞こえます。

超小形送信機・受信機とも最小形にして最大の性能が発揮できる様に設計され、特に専用受信機はワイシャツの胸ポケットに入る超小形設計です。しかも、ケースは頑丈な金属製です。

特殊周波数専用の特殊周波数に設定、他の無線機器と混信の心配は有りません。

高性能徘徊者の電波は市街地で最大100〜200m、見通しの良い野原等では最大300〜600mの遠距離まで到達し、受信機を持った介護者は徘徊老人の周囲5〜10mの音を明瞭に聞く事が出来ます。
【GM-GP仕様】GM-GPは電波法第4条第1号に定める免許の不要な著しく微弱な無線局に該当・適合します。

【 送信機 】
発信周波数:135MHz帯の1波
発振方式:水晶発振FM変調、アンテナ:ワイヤーアンテナ脱着式
輻射電界強度:3メートルの距離において500μV/m 以下
集音:エレクトレット・コンデンサー・マイクロフォン
電池:リチウムCR1/3N、又は空気電池PR44(2個)、
電池寿命:連続でCR1/3N;約35時間,PR44;約 110 時間
重量・寸法:約 23g、120×32×15mm

【 受信機 】
周波数:135MHz帯の1波
受信方式:水晶制御式ダブルスーパー受信感度:1μV以下
アンテナ:イヤホン用コードを兼用、ヤホン:170Ω 特別仕様型
電池:単5電池アルカリ電池または高性能マンガン電池
電池寿命:約 48時間(アルカリ電池)
重量寸法:約 110g、120×50×20mm
特注もお受けできます;長時間動作仕様、スピーカーで聞きたい等何でもご相談下さい。
BACKHOME 電子機器へ