ミニFM局用 ステレオFM送信機 FM-202 ファースト電子開発株式会社
コロナウイルスの影響下で、ドライブイン・シアターでのご利用が急増中です。
開局は、”微弱な電波を使用する微弱な無線局”に該当し、免許も許可も不要です。
防滴・防塵構造です。屋外に設置できます。

祭り、イベント用に開発された免許の不要な微弱電波を利用するFMステレオ送信装置です。 サービスエリアは最近のカーラジオで約50m程度(半径)です。アンテナを交換しますと微弱無線の範囲を超えてしまいますので交換は出来ません。設置場所や位置を調整して、サービスエリアを調整してご利用頂きます。

用途やサービスエリアなどご相談下さい。サービスエリア拡大する装置等もご案内致します。
ご相談下さい。
FM-202は防滴・防塵構造で屋外に設置できます、室内設置用のFM-201も有ります。

ミニFM送信機 FM -202

本体内部
<取扱説明>
1)POWER(電源スイッチ)OFFの状態で、音声入力プラグ(3.5φステレオミニジャック)を音源等の出力に接続します。
2)アンテナを引き延ばして使用します。アンテナの交換は出来ません。
3)専用ACアダプタ−の出力コード(DCプラグ)を本体裏面のACアダプタ−に接続します。
4)専用ACアダプタ−を商用電源(AC100V)に接続します。
5)POWERスイッチをONにすると、電波を発信します。
6)FMラジオでモニターしながら、音源の音声出力を調整します、多すぎると音が割れます。
7)周波数を変更する場合は、FREQUWENCYスイッチで切り替えます(主CH、副CH 2波切替式)。
8)アンテナを全て引き延ばした状態から、縮めていくと長さに比例して電波は弱くなります。 必要に応じて電波の強さを調整することが出来ます。
消費電力;1W以下(AC100V)、
注意: 専用ACアダプタ以外は使用しないで下さい。
 トップペ−ジへ   無線応用機器へ